増額をさせる方法

交通事故における慰謝料の増額を考える方法はいくつもあります。
もっとも重要なのは、交通事故被害に精通した弁護士に依頼して交渉を進めることです。これは、算定基準が異なるところで交渉ができるところにメリットがあるでしょう。裁判を基準としていくことになり、保険会社の算定基準よりも、はるかに増額が見込めます。これは、弁護士にかかる費用を差し引いても間違いないところになるでしょう。

弁護士次に、過失割合を下げるというところが重要になってきます。交通事故の場合、原因がすべて加害者にあるとなるのは、本当に限られたケースのみです。停車しているときに後方から追突されるようなケースに限定されますが、他のケースでは事故を避けられる要因が何かあったとして、一定の過失が課せられるようになります。これを過失割合と呼びますが、この割合をさげることになれば、慰謝料の請求は増額できるようになるでしょう。この交渉に関しても、弁護士が有効です。

過失が大きいと判断されたときには、健康保険や労災保険の活用で受け取れる金額を増額できるケースもあります。後遺障害が出てしまったときにも認定されるかどうかもカギになってきますので、適切な交渉をするためにも、弁護士の力が必要になってくるでしょう。

Pocket

保険会社の基準

交通事故によって、被害を受けたことには、なにも変わりがありません。問題は、これをどう評価するのかという基準にあるでしょう。任意保険の立場を考えると、最低限の肉体的損害への補償となる自賠責保険に対する上乗せです。自賠責保険では賄いきれなくなったときに、不足分を支払うのが任意保険の役割となってくるでしょう。保険会社はその分を支払わなければいけません。もちろん、少ない金額になれば、保険会社の持ち出しは減るのですから、損をしなくなっていきます。これが重要な意味を持ってくるでしょう。

金額の提示保険会社は、できるだけ抑えた金額の提示をします。任意保険会社が持っている算定基準に基づきますが、もとより支払いたくはないのが保険会社です。当然高額に名貼っていきません。保険会社が自分たちの都合で作った算定基準がもとになっているため、適正な金額といって吐きますが、被害者から見れば勝手な根拠となってくるでしょう。

弁護士を入れて交渉していないときには、これで押し切られてしまうことも出てきます。実際に裁判になると時間もかかり手間もお金もかかりますとなれば、あきらめてしまうこともあるでしょう。ですが、逆に言えば、弁護士の基準はもっと高額なのであり、請求額を増額できるといっているのですから、依頼して交渉するべきなのです。

Pocket

少ない金額の理由は

交通事故における慰謝料の大きな問題は、法律的な規定がないところにあります。被害を計算するうえで、さまざまな事情が発生してくることになるため、考慮しつつ裁判官が算定するとされているところが重要です。交通事故の内容を考えるうえでは、被害者が受ける精神的被害は一定ではありません。どんな状況なのか、被害者を取り巻く環境も一定ではなく、それぞれに合わせて算定していかなければいけないでしょう。ですが、何ら基準もなければ、不公平になってしまうような事態が生じます。似たような状況でも、高い安いが出てしまうからです。さらに、交通事故の被害は、日々発生していきます。迅速な処理も求められていく中で、基準がないというのは、大きな障害となるでしょう。

算定基準そこで、算定基準が設けられるようになりました。一定の基準を定めておくことによって、処理の速度を速めるとともに、あまりに大きな不公平感をなくそうという試みです。ところが、この算定基準はそれぞれの立場によって決められるようになりました。

自賠責保険の基準から始まり、保険会社の基準、弁護士や裁判所の基準と金額も異なっています。赤本基準や青本基準といったこともそのひとつになってくるでしょう。そのため、増額どころか思っているよりも減額されてしまう事態も発生することになります。

Pocket

交通事故の慰謝料

交通事故に遭うような事態は、できれば避けたいところでしょう。大きなアクシデントとなりますし、損害も受けることになるからです。交通事故に遭わなければ、何事もなく生活できていたことも、たった一回の交通事故で、大きく変わってしまうことも出てきます。

交通事故財産的な損害を受けることになりますが、交通事故に遭うことによって、肉体的・精神的苦痛を受けることになるでしょう。ですが、法律上には慰謝料という文言は存在しないところが重要になってきます。実際に財産以外の損害が合った場合にも、賠償はされるべきというところが根拠となり、慰謝料の請求がされることになってくるところがポイントです。慰謝料は、財産ではなく、非財産に対する損害であると解釈されることになるでしょう。これが、精神的な損害なのであり、加害者に求めていく根拠となっていきます。

判断が難しくなってくるのも、精神的な被害というところが大きいでしょう。実質的な物損とは違い、判断が難しいところがあるからです。そこで算定基準と呼ばれるものが存在してきますが、慰謝料が安定しない原因ともなってきます。弁護士に相談していく必要があるのも、どうしても低い基準で計算されてしまうからです。

被害を受けた以上、しっかりと保証してもらわなければいけません。そのためにも交渉の専門家である弁護士を活用していく必要があるのですから、何かあったときのことを考えても参考にしてみてはいかがでしょうか。

Pocket