少ない金額の理由は

交通事故における慰謝料の大きな問題は、法律的な規定がないところにあります。被害を計算するうえで、さまざまな事情が発生してくることになるため、考慮しつつ裁判官が算定するとされているところが重要です。交通事故の内容を考えるうえでは、被害者が受ける精神的被害は一定ではありません。どんな状況なのか、被害者を取り巻く環境も一定ではなく、それぞれに合わせて算定していかなければいけないでしょう。ですが、何ら基準もなければ、不公平になってしまうような事態が生じます。似たような状況でも、高い安いが出てしまうからです。さらに、交通事故の被害は、日々発生していきます。迅速な処理も求められていく中で、基準がないというのは、大きな障害となるでしょう。

算定基準そこで、算定基準が設けられるようになりました。一定の基準を定めておくことによって、処理の速度を速めるとともに、あまりに大きな不公平感をなくそうという試みです。ところが、この算定基準はそれぞれの立場によって決められるようになりました。

自賠責保険の基準から始まり、保険会社の基準、弁護士や裁判所の基準と金額も異なっています。赤本基準や青本基準といったこともそのひとつになってくるでしょう。そのため、増額どころか思っているよりも減額されてしまう事態も発生することになります。

Pocket