交通事故の慰謝料

交通事故に遭うような事態は、できれば避けたいところでしょう。大きなアクシデントとなりますし、損害も受けることになるからです。交通事故に遭わなければ、何事もなく生活できていたことも、たった一回の交通事故で、大きく変わってしまうことも出てきます。

交通事故財産的な損害を受けることになりますが、交通事故に遭うことによって、肉体的・精神的苦痛を受けることになるでしょう。ですが、法律上には慰謝料という文言は存在しないところが重要になってきます。実際に財産以外の損害が合った場合にも、賠償はされるべきというところが根拠となり、慰謝料の請求がされることになってくるところがポイントです。慰謝料は、財産ではなく、非財産に対する損害であると解釈されることになるでしょう。これが、精神的な損害なのであり、加害者に求めていく根拠となっていきます。

判断が難しくなってくるのも、精神的な被害というところが大きいでしょう。実質的な物損とは違い、判断が難しいところがあるからです。そこで算定基準と呼ばれるものが存在してきますが、慰謝料が安定しない原因ともなってきます。弁護士に相談していく必要があるのも、どうしても低い基準で計算されてしまうからです。

被害を受けた以上、しっかりと保証してもらわなければいけません。そのためにも交渉の専門家である弁護士を活用していく必要があるのですから、何かあったときのことを考えても参考にしてみてはいかがでしょうか。

Pocket