保険会社の基準

交通事故によって、被害を受けたことには、なにも変わりがありません。問題は、これをどう評価するのかという基準にあるでしょう。任意保険の立場を考えると、最低限の肉体的損害への補償となる自賠責保険に対する上乗せです。自賠責保険では賄いきれなくなったときに、不足分を支払うのが任意保険の役割となってくるでしょう。保険会社はその分を支払わなければいけません。もちろん、少ない金額になれば、保険会社の持ち出しは減るのですから、損をしなくなっていきます。これが重要な意味を持ってくるでしょう。

金額の提示保険会社は、できるだけ抑えた金額の提示をします。任意保険会社が持っている算定基準に基づきますが、もとより支払いたくはないのが保険会社です。当然高額に名貼っていきません。保険会社が自分たちの都合で作った算定基準がもとになっているため、適正な金額といって吐きますが、被害者から見れば勝手な根拠となってくるでしょう。

弁護士を入れて交渉していないときには、これで押し切られてしまうことも出てきます。実際に裁判になると時間もかかり手間もお金もかかりますとなれば、あきらめてしまうこともあるでしょう。ですが、逆に言えば、弁護士の基準はもっと高額なのであり、請求額を増額できるといっているのですから、依頼して交渉するべきなのです。

Pocket