増額をさせる方法

交通事故における慰謝料の増額を考える方法はいくつもあります。
もっとも重要なのは、交通事故被害に精通した弁護士に依頼して交渉を進めることです。これは、算定基準が異なるところで交渉ができるところにメリットがあるでしょう。裁判を基準としていくことになり、保険会社の算定基準よりも、はるかに増額が見込めます。これは、弁護士にかかる費用を差し引いても間違いないところになるでしょう。

弁護士次に、過失割合を下げるというところが重要になってきます。交通事故の場合、原因がすべて加害者にあるとなるのは、本当に限られたケースのみです。停車しているときに後方から追突されるようなケースに限定されますが、他のケースでは事故を避けられる要因が何かあったとして、一定の過失が課せられるようになります。これを過失割合と呼びますが、この割合をさげることになれば、慰謝料の請求は増額できるようになるでしょう。この交渉に関しても、弁護士が有効です。

過失が大きいと判断されたときには、健康保険や労災保険の活用で受け取れる金額を増額できるケースもあります。後遺障害が出てしまったときにも認定されるかどうかもカギになってきますので、適切な交渉をするためにも、弁護士の力が必要になってくるでしょう。

Pocket